戯言工場

趣味や日々の事象を書き連ねる

アラフォー声優厨の声優・アニラジ回顧録ーアニラジとの出会いー

 

Kimochi

Kimochi

  • アーティスト:岩男潤子
  • 発売日: 1997/09/19
  • メディア: CD
 

 

これはアラフォー声優厨の声優アニラジ回顧録です。

昔の思い出をただ綴っていきます。

 

アニラジとの初めての出会いは1996年、小学6年生。仕事していた母からラジオからアニメソングが流れていると教えてくれて聞いてみたのがきっかけだった。

当時エヴァンゲリオンがブームになるかならないかの頃。

放送されていたアニメはかなり見ていた。エンドロールで流れてくる声優さんの名前を少しだけ覚え始めていた頃ではあったが、ラジオはまったく興味がなくふれてこなかった。

 

この時初めて触れたラジオ番組=アニラジスーパーアニメガヒットTOP10

ニッポン放送アナウンサーで放送され、オタク気質のニッポン放送アナウンサー・荘口彰久さんとアイドル声優岩男潤子さんがランキング形式でアニメソングを紹介していく番組だった。

ja.wikipedia.org

 

パーソナリティの2人の顔も知らないが、テンポがよく次々出てくるアニメトーク。次々かけられる最新のアニメソング。

ラジオの面白さとトーク・声を聞く心地よさに一瞬で魅了された私は翌週から「スーパーアニメガヒットTOP10」を聞くのが習慣となる。


声優沼・アニラジ沼の第一歩になるとも知らずに。

 

2021/3/27追記)プラモデルの勧めーRGエヴァ8号機αを求めて三千里ー

 

 

バンダイから1月に発売されたプラモデル「RGエヴァ8号機α」が見つからない。

 

日曜の休日。思い当たる市内の模型ショップ・おもちゃ屋・家電量販店を回ったがまったく見つからない。

隣の市、そのまた隣の市までしかたなしに足を伸ばした。

県内でも有名なプラモデルの在庫が潤沢で、壁一面にプラモデルが積んである光景が名物のおもちゃ屋にも向かってみた。零号機と初号機はあるが目的のブツはない。

 

まさしく徒労。

 

県内の電車で2時間程度かかる模型ショップにあるとツイートを見かけ、今仕事終わりに向かってみた。

 

売り切れ!!!!

また徒労。

 

ツイートから2日ほど経過しているし、とっさに買いに行けなかった自分の敗北である。

 

コトブキヤエヴァ8号機プラモデルが発売していないのでそちらを手にするのが先か、バンダイのこのブツが再販され手にするのが先か。

この文章を入力している帰り道、「欲しい物は見つけた時に買うべし」と心に刻み込んだ。

 

家に帰ったら録画してあるNHKの「プロフェッショナル・仕事の流儀」庵野監督特集見ます。


2021/3/26追記 RGエヴァ8号機は3/22頃再販流通したらしいので、既に売り切れ続出。再販の予定も不明。

そんな中でコトブキヤエヴァン8号機の発売日が8月に決まった模様。

早速予約済み。


https://www.kotobukiya.co.jp/product/product-0000003979/


2021/3/27

遠くのおもちゃ屋にあるかもしれないと開店突撃して入手。



歓喜



プラモデルの勧めーグリーンスタッフワールドのサーフェイサー試し吹き

スペインのメーカー・グリーンスタッフワールド(以下GSW)の塗料の使用を決定。 

zaregotofactory.hatenablog.jp

 

 M.S Modelsさん(https://www.msmodelswebshop.jp/)やヨドバシカメラさんの通販でGSWの塗料等を揃えた。

 

f:id:tuno_kumo:20210318004449j:plain

今回はGSWのサーフェイサー(下地)を試してみた。

タミヤクレオスのサーフェイサー瓶であれば、薄め液で適度に濃さを調整する。

しかし、GSWのサーフェイサーはどうやら薄めないらしい。Youtubeで確認してみると薄めずにエアブラシのカップに直に必要量入れていた。

(試しにGSW専用の薄め液を数滴入れたが、プラモの表面がサーフェイサーを弾いてしまった)

www.youtube.com

 

 

 

f:id:tuno_kumo:20210318004530j:plain

手元にあったピカチュウのプラモデルをいけにえにサフを雑に吹いた。

 

↓乾燥後

f:id:tuno_kumo:20210318004605j:plain

 

□メリット

・無臭

・塗膜が強い

・乾燥が早い(30分ほどで乾いた)

 

□デメリット

・量が少ない

よそのメーカーであれば希釈するので量はもつのであろうが、GSWは希釈せずに使用するため60mlの量では不安が残る。面積の小さい物であれば問題ないが、面積の大きい物であれば量の減りが早いかもしれない。

※ファレホのサーフェイサー(プライマー)の200mlを使用も考え中。

プラモデルの勧めー塗料の切り替えー

プラモデルを本格的に手を出して3年くらい経つ。

3年前までプラモデルを購入して、素組み(プラモデルを塗装もせずそのまま組み立てる)だけで満足していた。

 

それが地元で毎年開催されている静岡ホビーショーにたまたま客として参加。

いろんなプラモデル作品・製作ツールを目にしていくうちに魅了されてしまい、その日を境にプラモデル作りにのめり込んでいったのである。

 

のめり込んでしまえば、あとは簡単。

エアブラシ・塗装ブース・塗料など模型道具を一気に自室に揃えたのだった。

 

プラモデル作りは楽しい。

しかし、弊害もある。

最たるは塗料である有機溶剤のシンナーの匂いである。家族も文句を言うし、自身の健康にも悪い。そこにきて、今回ある出来事が起きた。

 

妹の子供が生まれたのである。自分にとっての姪。

 

妹が姪を連れて多々帰省するのは明らか。母は孫の誕生を喜びすでに溺愛状態。

有機溶剤の匂いで文句を言われたら立つ瀬がない。

考えた結果、有機溶剤の塗料から匂いもなく危険性もない安全な水性塗料に切り替える決心をした。

 

 

 

こうして私はMrカラー・ガイアカラーなどの有機溶剤の塗料を手放し、グリーンスタッフワールドの水性塗料を一気に集めた。

グリーンスタッフワールドの試し塗りはまだしていない。作りたい作品もあるので、きちんと試していく。

※グリーンスタッフワールドの塗料のレビューや感想が見当たらないので、そういうものもあげていきたい所存です。

 

ノイズキャンセリングイヤホンを探す旅

私は移動中に音楽・ラジオを聞かないと生きていけないマンである。

 移動にイヤホンは必需品。

ノイズキャンセリング機能が付与しているイヤホンは特に欠かせない。周りの雑音を出来うる限り取り除いて、流している音源に集中させてくれる。

  

初めて手にしたノイズキャンセリングイヤホンはソニー「WF-1000XM3」 

 このイヤホンの前に同一系統のソニーノイズキャンセリングヘッドホン「WH-1000XM3」を家での作業用に購入していた。有線イヤホンはソニーばかりを購入していたがゆえの選択だったが正解だった。

 

ヘッドホンを装着した瞬間、テレビの音声をかき消してもたらされた静寂さに驚愕した。

 

ヘッドホン購入後すぐに発表・発売されたのが先述のイヤホンだった。

移動中の雑音が手軽に消せる!その感動を手にしたくて発売日に家電量販店で購入したのは言うまでもない。

 

人の会話や電車と線路の摩擦音・モーター音その他もろもろの音をできる限り取り去り、その快適さは私にとって不可欠な存在になった。

そこで満足していればいいものを、さらに深みを目指してしまうのが自分の業が深いところである。さらなるノイズキャンセリング機能が強いイヤホンを求めてしまったのである。

 

BoseQuietComfort® Earbuds」jabra「elite 85t」とイヤホンに次々と手を出した。(現在の使用しているのはelite 85t)

 

 

しかし、どうにもソニーの時のような遮音性とノイズキャンセリングの恩恵は想像したより受けられなかった。 

BoseQuietComfort® Earbuds」は業界最強とレビューを見かけたし、機能は悪くはなかったが期待していたものとどうにも違った。現在使用しているjabra製品も同様であった。

 

要因は自分の耳に合っていなかったからだった。

 

ソニーのイヤホンを装着する際はイヤーチップ・イヤーピースコンプライ」を何気なしに使用していた。結果的に、コンプライが耳の中の形に変化してイヤホンの遮音性を高めてくれていた。

 

個人の見解であるが、イヤホンを選ぶ際は装着感を試してみるのが一番で、イヤーチップの選び方が重要であると思う。

 

今使用しているイヤホンにも満足できていない。

ソニーが「WH-1000XM3」の次に発売するであろう「WH-1000XM4」の発売を切に願っている。発売されたら発売日に買うであろう姿が想像できる。

新しいおもちゃーchromebookー 入手理由とトラブルメモ

「ブログを書く」を習慣づけるにあたり、継続を念頭に置こうと仕事の昼休み中に決めた。

しかし、時間は有限である。遠距離通勤で帰宅が遅い自分にとって時間は貴重なものだ。どこにブログを書く時間があるのか1日の動きを振り返った、

一番無駄なのが通勤時間往復3時間。

本当になんでこんな通勤をしなければいけないのか…と愚痴っていたところ、気づいた。

 

忌々しい往復3時間の通勤時間に文章を考えて書けばいいじゃん!

有効に時間が使える!

こうして時間は捻出できた。

 

次に文章を書くツールである。

iPhoneを使っているが、私はフリック入力ができない。その状態で文章を考えて、文字をポチポチと起こしていく作業は面倒であり、苦痛。

「一層のこと文章を書くのに特化したツールがあればいいのに…。」

そう考えた時、数年前に秋葉原ヨドバシカメラで見たキングジムポメラを思い出した。まさに文章を作るのに特化した存在!!!

現行のポメラAmazonですぐさま調べてみたが、壊れやすいというレビューが目についた。価格は3万円。

 

「3万円出してすぐに壊れたら、しばらく立ち直れない。」

豆腐並みにもろいメンタルの私はポメラをあきらめた。

 

なにか良いツールはないのか?ネットの世界を必死こいて探しているとChromebookが目に入った。私は存在自体知らなかった。

調べてみるとgoogleが作ったOSを搭載した動画編集等の重い作業は向かないが、ネットサーフィンくらいの軽い作業に特化した安価なPCとのこと。

 

・・・はてなのブログに書くか並行して調べものするくらいだからこれで良くない?

 

値段を調べたら安い!下は2万円を切る商品もある。

探す中で目についたのが「acer chromebook spin 311」だった。

 

すぐに家電量販店での在庫を調べて、帰路につく途中で家電量販店に寄り、ポイントを使い、ポメラ以下のお値段で「spin311」を手にしていた。

 

 

現在、帰宅途中の電車内でchromebookを使いながらこの記事を書いているわけです。

時間の有効活用、気持ちいい。chromebook様様!これでブログの記事増やしてきます!!!いつまで続くか自分?

ーーーーーーー

ただ…このchromebookの類は世間にそこまで浸透していないらしく、何かあっても自分で調べなければいけない。トラブルがあってもネットに記事自体が存在しないことが多いと感じました。

 

トラブルがあった際はこの記事にメモ代わりに追記していきます。

○初めての起動時、「ウイルスバスターWebセキュリティfor chromebook」をchrome拡張機能に追加する必要性があった。しかし、追加してもウイルスバスターのアイコンが灰色で起動していなかった。削除して追加し直しても同様の事象。

 

初起動時のウイルスバスター設定の際に誤って電源ボタンを押して電源落としてしまったのが原因。

復旧:「設定」→「詳細設定」→「設定のリセット」で初期化。初めからやり直し。

 

iPhoneテザリングしてネットにつなごうとしたが、つながらなかった。

iPhoneの従来通りのやり方「共有」で親機化。

chromebookwi-fi設定をon→iPhoneを選択・パスワード入力。iPhoneにはつながっているが、ネットにつながらない状態になった。米iPhonechromebookテザリング方法は現在「wi-fiのみ」)

原因は不明。

復旧:iPhoneの電源を1度落とし、再起動。

 

 

 

 

アウトプットする場所

今も昔も文章を書くことは苦手。

小学生時代の夏休みの読書感想文は苦痛だった思い出しかない。

 

それがなぜか流れ流され、大学では文章を書くことを学んだ。

苦手意識はそのままで、並の文章能力だったと今でも思う。

 

ただ先日、学生の時分にやっていたmixiの日記をふいに読んだ。

日記の内容は当時行ったライブ(フジテレビのLIVE FACTORY収録参加)の感想だった。

当時mixiでつながったネット上の友人たちや大学の友人たちに読んでもらうため、嬉々とした書いたであろう感想文は下手なりに面白かった。

 

大学在籍中は講義と課題で多くの文章を書いていたのに、卒業と共に文章を書くことから離れること十数年。

「今はどれぐらい書けるのだろうか?」という疑問を己に持った。

趣味のインプットは充分にしている。でも、アウトプットする場はどこにもない。

 

・・・というわけで作ってみたのがこの場所。

 

大学時代の恩師の口癖が「文章は書かなければ下手になる」だった。

稚拙な文章での趣味の感想やら日記が主となります。 

誰が読んでくれるのかも分かりませんが、お目にとめていただければ幸いです。